爪白癬の治療について

爪が変形したりボロボロになってしまう爪白癬。
一度症状が出てしまうと治りにくい病気だ。

爪白癬は見た目は汚いが痛みやかゆみは発生しない。
そのため患者はついつい放置してしまう傾向があるが、
放置しているとボロボロになった爪から細菌が入り、
蜂窩織炎などさらに面倒な病気になる可能性¥がある。
そのため爪白癬になったら早めに皮膚科を受診することを勧める。

治療方法は飲み薬と塗り薬の併用が一般的で、
治療期間は半年から一年くらいはかかる。
爪の奥に住み着いた白癬菌を退治するのは難しく、
爪表面から薬を塗ってもなかなか奥まで浸透しない。
そのため薬が効果を発揮するまでに時間が掛かるのだ。
面倒でも毎日塗り薬を欠かさず塗っていれば、
やがてきれいな爪に生え変わる。