特定部位にできるニキビについて

実際に私が経験したことなのですが、袋ニキビというニキビに10年間も悩まされてきました。このニキビの特徴は、痛みを伴い大きく腫上り、完治後も跡が残ってしまう非常に厄介なニキビです。私の場合は同じ場所に何度もできてしまい、鼻の周りやフェイスラインに沿ってできていました。顔の中央にできると目立ってしまい、マスクを常にかけて出かけていたことを思い出します。

市販の薬で治すには効き目が弱く、かえって完治を遅らせてしまうので病院に通った方が早いです。そこで話を聞けるのは、洗顔のやり方となぜニキビができるのかを聞かされます。私は脂性なのでスクラブ入りや、炭配合などの洗顔フォームは絶対に避けるように言われました。肌を刺激して逆に悪化してしまうそうです。それからは、薬用の弱酸性を使っています。まぁそれでも完全に防げるわけではありませんでした。

医師が処方してくれたのは、塗り薬と飲み薬です。塗り薬は主にダラシンTゲル、ディフェリンゲル、ベピオを使用していました。並び順に効果は大きいようですね。ただ、ベピオは紫外線があたると色素が変異して肌に沈着の恐れがあるので、日中の使用は勧められませんでした。飲み薬は、抗生物質を処方されます。効き目は抜群で、その時は一週間で治りました。ただ、副作用があるので(眠気、麻酔が効きにくくなる等)先生と相談した方が賢明です。身体にも悪いので本当に酷いときに飲んだ方がいいです。

大人ニキビは憂鬱になりますし、外出もしたくなくなるので『これは腫れあがるなぁ』と思ったら皮膚科に行った方が間違いないですね。完治するには結構な時間とお金が掛かりますが、諦めずに治していきましょう。